MAGPUL PTS MASADA ACR 多弾装マガジン(多弾マグ)の加工(M4,PMAG) 

検索で来てくれた人向けの内容なのでスルー推奨です。
マニアックなネタなので書くべきではないけど・・・、書いちゃう。

といいつつ、写真はあまりにもストレートな為フィルターを掛けました。
雰囲気変わればいいなぁと思ったけど、余計に気持ち悪い感じになっちゃた気がします。


ではでは、写真だけで解る人へ・・・


いきなり途中からの説明です。
f0158593_15454574.jpg
・マガジンがうまく入らないのはマガジンキャッチが理由ではありません。弾を止めている爪です。

f0158593_1548786.jpg
・左が加工前、右が加工後。 斜め部分の角(台形でいう上底の角)を少しだけヤスリで斜めに削りました。

f0158593_15454985.jpg
・加工したものを組みなおすと、この爪は削った斜めの部分が見えるようになり、フラットな部分は見えなくなります。



M4とMASADAの弾の受け口側の形状を見比べれば気がつきますが、M4の方はテーパーがあるのに対し、MASADAの方はそれがありません。かわりにP-MAG側の接続部の径がが少し大きくなっています。
この違いがM4では使えたマガジンでもMASADAでは入りにくい、入らないといった原因だと思います。
使えないよーとお困りの方はそのマガジンのこの部分見てみると良いかもしれません。恐らく弾を止めている爪の上部にフラットな部分が見えると思います。これがMASADA本体側のテーパーの無い弾の受け口に当たり、弾を止めている爪を上手くスライドさせることが出来ずマガジンが奥まで入らなくなってしまっただけだと思います。
これを理解すればそんなに削り取る必要が無いことがわかります。ちょっとだけ斜めに削ってあげればいいのです。
作業自体はとても簡単で5分もあれば出来る作業です。が、分解時バネを飛ばさないように注意が必要です。1枚目の写真の様に少しずつ開き、指でも当てながらやれば良いでしょう。
加工前にコレが原因かどうか確認したいのであれば爪を少しだけ戻して固定してあげれば簡単に出来ます。
ネット上に情報が無かったので書いてみましたけど、こんなこと書くまでもないのかな?




と、ここまでたっぷり書いてしまいましたけど需要なさそっ!!!








( MAGPUL MASADA ACR M16 M4 マガジン 入らない あたる 加工 マルイ 純正 )
[PR]
by office120h | 2010-11-14 15:45 | おもちゃ

ビアンキのピスタはだいぶ前にハンドルをNITTO B260AAに交換しております。その際ブレーキレバーもシンプルなものに変更。


by office120h

プロフィールを見る
画像一覧

 

記事ランキング

タグ

カテゴリ

全体
建築
バイク
自転車
アウトドア
おもちゃ
日々のこと
カメラ・写真
動画
散歩
その他
気になる
mac
windows
RC
___
未分類

検索

以前の記事

2015年 10月
2015年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 11月
2009年 04月

その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

画像一覧